チェファルーのその他観光スポット

Museo Mandralisca Cefalu
マンドラリスカ博物館の入り口。中は意外と広く、見所はいっぱい。行く価値は絶対アリです。

Museo Mandralisca Cefalu
中世の洗濯場。洗い場は多数に分かれていて、奥のほうにもいくつかありました。

Museo Mandralisca Cefalu
水は本当に冷たくて、透明。昔、女性たちが洗濯物を手洗いしていていた様子が浮かびます。

チェファルの町は小さいので、徒歩で十分観光できます。町は、メインストリートであるルッジェーロ通り(Corso Ruggero)を中心に構成されています。ここには、たくさんのブティックやお土産屋さんが立ち並びます。

中世時代の洗濯場

ルッジェーロ通りに平行しているヴィットリオ・エマヌエーレ通り(Via Vittorio Emanuele)に洗濯場に降りる入り口と階段があります。入り口の門には、“この川、チェファリーノ川の水はどの川よりも健やかで、銀の様に汚れなく、雪よりも冷たい”と記されています。伝説では、ここに流れている川の水は、恋人の裏切りに憤慨して殺してしまったことを悔やんで絶えず流れていた涙が元になっていると言い伝えられています。

実際に、ここで昔は女性たちが洗濯をしに来ていました。絶えず流れている水は、本当に綺麗で冷たいです。夏の暑い日の散策に疲れた足を水に浸して、一休みしてみよう。

マンドラリスカ博物館(Museo Mandralisca)

この町出身の権力者エンリコ・ピライーノ・マンドラリスカの持ち物であった、数々の貴重な芸術作品などのコレクションが展示されている博物館。館内は、考古学発掘品専用の部屋もあり、彼自身がエオリエ諸島の一つリパリ島でわざわざ発掘した遺跡品もたくさんあります。美術館部門でのメインの作品といえば、メッシーナ出身の有名画家アントネッロ・ダ・メッシーナによって描かれた「ある男の肖像」は必見。

【シチリア・メッシーナ在住 小湊 照子】スタッフプロフィールを見る

名称 マンドラリスカ博物館 (Museo Mandralisca)
住所 Via Mandralisca, 13, 90015 Cefalù PA, イタリア
電話番号 +39 0921 421547
開館時間 9時から13時、15時から19時
7月・8月は深夜まで開館
入館料金 大人5ユーロ、若者(15歳まで)2ユーロ、子供(6歳以上10歳未満)1ユーロ
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM