更新日:

イタリアの電車の乗り方、切符の買い方

Freccia Rossa
昔はFSと呼ばれていたイタリア国鉄、現在は民営化され「TRENITALIA」となりました。路線はイタリア全土を網羅していて、切符は日本の電車よりもずっと安いです。イタリア旅行の機会に「ファーストクラス(グリーン車)」に乗っても良いと思いますよ

イタリアの国鉄(Trenitalia トレーニタリア)の路線はイタリア全土ほぼ網羅していて、個人旅行者にとっては移動手段のベースとなるでしょう。
イタリアの電車は「遅れる」というイメージが定着していますが、最近では随分改善されて、ほぼ時間通りに運行されています。遅延の多い便は特にユーロシティ(Eurocity)やユーロスター(Eurostar)、インターシティ(InterCity)などの長距離高速列車で、利用する際は注意が必要です。

ストライキ(ショーペロ sciopero)が多いのは相変わらずで、年に数回実施されます。スト開始のアナウンスは1週間くらい前からでるので、イタリア運輸省のストライキ予定表ページなどをチェックするといいでしょう。

  1. イタリア運輸省ストライキ最新情報:かなり先のストライキ情報まで掲載されるので便利
    http://www.trasporti.gov.it/(リンク切れの場合は左メニューの「Scioperi」をクリック)
  2. ストライキの対処方法、質問などは、下記の掲示板で様々な議論が投稿されています。一読しておくと便利です。
    ストライキの対処法・質問・アドバイスなど掲示板

イタリアの電車切符の購入代行

アーモイタリアでは、イタリア国鉄やイタロの電車切符を購入代行いたします。
少しの手数料で割引きチケットを購入いたします。英語サイトでオンライン購入に不安な方などはどうぞ。
ご希望の方は下記ページからお申し込みください。
イタリア電車のチケット予約申し込み

列車の種類

フレッチャロッサ
フレッチャロッサはイタリアの新幹線。大都市間を超特急で移動します。乗り心地良し。荷物心配な方はファーストクラスを予約すると良いでしょう。日本のグリーン車よりずっと安いです。

Regionale Veloce
近距離を走るのはRegionale Veloce(RV)。最近は新しい車両も多く、綺麗で快適です

ユーロシティ Eurocity(EC) ヨーロッパの各都市を結ぶ国際特急列車。ローマからはミュンヘンなどに乗り換えなしで行けます。
ユーロナイト Euronight(EN) ユーロシティの夜行列車版。夜行列車の利用は、窃盗やそれ以上危険があることを心した方がいいでしょう。
ユーロスター Eurostar(ES) ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ、ナポリなどの主要都市間を結ぶ最高速列車。
インターシティ Intercity(IC) 主要都市間を結ぶ特急列車
エスプレッソ Espresso 急行列車
ディレット Diretto 一般的な準急列車。送れることも少なく料金も安いので時間のある人にはお勧めです。
レジョナーレ・ヴェローチェ Regionale Veloce こちらも準急電車。最近は車両も新しくなり快適です。
レジョナーレ Regionale ローカル列車で都市近郊の小さな町にも停まります。ディレットと同じく最低料金です。

クチコミ情報
  • 時刻表は「イタリア国鉄FSホームページ(www.trenitalita.it)」にて確認できます。料金やショーペロ情報もわかるので事前にチェックしておくといいでしょう。
  • イタリアの列車は全席禁煙です。
  • ローカル電車(Diretto、Regionale Veloce、Regionaleなど)は到着駅をアナウンスしないことがほとんどです。観光客は降車駅を間違えて乗り過ごすことがよくあります。到着時刻を乗車前にチェックして、時間が近くなったら車掌さんや近くの人に次の駅を確認すると安心です。
  • イタリア国鉄での子ども料金は4〜12才となります(通常は大人料金の半額)。
  • AV Frecciarossa、Frecciargento、ES(ユーロスター)、Frecciabianca、IC(インターシティ), ICN(夜行インターシティ)は4〜14才は子ども料金(通常半額)となります。
  • 赤ちゃん (bambini) は4才未満となり、家族と同伴の場合料金が乗車料金は無料だそうです。
下記の掲示板でイタリア国鉄の質問・回答・アドバイスが確認出来ます。

イタリア駅の電光掲示板時刻表の読み方

イタリアの電車掲示板
DESTINAZIONE 行き先
CATEGORIA 列車の種類
ORE (通常)発車時刻
RITARDO 現在の遅延時間
BINARIO 発車ホーム番号
上から、
17時29分発のローマ・テルミニ行きユーロスターが現在1時間40分の遅れ。到着ホームは未定。
18時51分発ナポリ中央駅行きユーロスターが現在10分の遅れ。到着ホームは未定。
ポントレモーリ行き18時57分発のローカル列車。1A番線より時間通り発車。
ピストイア行き19時08分発のローカル電車。6番線より時間通り発車。

切符の買い方

イタリアの切符の買い方
イタリアの電車の券売機はとても分かりやすいです。現金が使える券売機と、クレジットカードのみ利用できるものがあります

切符を買うには2つの方法があります。
一つは窓口(biglietteria ビリエッテリーア)で買う方法、もう一つは自動券売機(biglietteria automatica ビリエッテリーア・アウトマーティカ)で購入する方法です。最近はイタリア国鉄FSもサービス向上に真剣で、大きな駅では自動券売機を目にする機会が増えました。日本人にとっては窓口購入よりも券売機の方が数倍使いやすく、早くて安心感があります。ただしお釣り切れなどで現金が使えないことが(多々)あるので、カードをもっていない人は十分時間に余裕を持つ必要があります。

一方、窓口は列ができていることが多く、特に観光シーズンに大きい町に行くときには注意が必要です。旅行の際は事前に日程を決め往復(anndata e ritorno アンダータ・エ・リトルノ)でチケットを買うことをお勧めします。僕が知っている混雑の多い駅は、フィレンツェ、ローマ、ナポリで、長いときは30分以上列に並ぶ必要があります。

自動券売機は出発・到着時刻の確認や、各種列車の料金比較なども簡単にできて便利で、特に乗り換えが必要な移動の場合は接続にどれくらい待つのか一目瞭然なので、行程を計画するには最適です。購入しない場合でも確認に利用すると便利でしょう。


イタリア語で切符を買うには…

イタリア語で切符を買うには
切符売り場(ビリエッテリア)は券売機で買えない人、もしくは販売していない路線などを買う人が来るので、とても時間がかかります。券売機で買うほうがずっと簡単ですよ

フィレンツェまで Per Firenze
ペル フィレンツェ
ローマからフィレンツェまで Da Roma a Firenze
ダ ローマ ア フィレンツェ
片道のみ Solo andata
ソロ アンダータ
往復 Andata e ritorno
アンダータ エ リトルノ
1等 Prima classe
プリーマ クラッセ
2等 Seconda classe
セコンダ クラッセ
切符1枚 Un biglietto
ウン ビリエット
切符2枚 Due biglietti
ドゥエ ビリエッティ
ミラノまで片道のみ切符1枚ください。 Vorrei un biglietto per Milano, solo andata.
ヴォッレイ ウン ビリエット ペル ミラーノ ソロ アンダータ.

切符の読み方

イタリアの切符は途中下車が可能です。切符の有効時間内(下記8番)であれば、乗車駅(2)と降車駅(3)の途中の駅であれば途中下車できます。複数の路線を利用する場合は経由地(6)が重要になってきます。

イタリアの電車の切符
(1) 有効期限(Utilizzabile 購入日より2ヶ月間)
(2) 乗車駅(Partenza)
(3) 降車駅(Arrivo)
(4) 乗車人数(Adulti=大人、Ragazzi=子供)
(5) 客車の種類(1等、2等)
(6) 経由地(Via)
(7) 距離(KM キロ)
(8) 刻印時より6時間有効(Vale 6H da Convalida 距離が長いとこの有効時間も長くなります)
払い戻し可能日(Rimborsabile 購入日より2ヶ月間)
(9) 発行場所、発行日
(10) 運賃(EUR ユーロ)

国鉄利用の際は刻印を忘れずに…

trenitalia
切符の刻印機は駅構内にたくさん設置されています

trenitalia
乗車前には必ず切符を入れて打刻します。ネット予約したEチケットは打刻不要です

注意!打刻を忘れると高額な罰金です

現地窓口/現地券売機で購入したチケットは、列車の乗車前に必ず自動検札機で刻印(timbrare ティンブラーレ)しなければいけません。駅構内のいたるところで見つかる検札機(左写真)の口に切符を挿入すると『ガチャン』という音とともに日付と時間が刻印されます。この黄色い検札機は駅のいたるところにあるので簡単に見つけられるでしょう。

電車発車後に車掌さんが検札に回ってきて、刻印をチェックします。刻印のない場合は罰金をとられます。誤って刻印を忘れた場合は、自ら先に車掌さんを捜して、忘れた旨を伝えると罰金は免除されるようです。

これはバス(Bus ブス)や地下鉄(Metro メトロ)も同様で、未刻印や切符をもっていないことが発覚すると厳しく罰金が科せられますので注意してください。

  • ネットで購入したEチケットは刻印不要です。
  • FSの車内切符チェックが厳格になりました。数年前とは大違いです。ほぼ100%車内チェックがあります。 刻印が忘れた場合、列車係員から指摘された場合はかなり高額な罰金を徴収され、外国人でも容赦ありません。自ら刻印を忘れたと申し出ても「追徴金(20ユーロ〜40ユーロ?)」が課せられるようです。
    フィレンツェではさらにホームで駅員が横に一列並び、降りてくる乗客の切符を一人ずつチェックしていました。くれぐれも切符は駅を出るまでなくさないようにしましょう。(2007年7月 高梨)
  • 最近は国鉄の検札がさらに厳しくなり、刻印を忘れた場合は事前に車掌さん事情を話しても頑として罰金を払わせられる場合があるようです。
    (投稿:2006年5月 ローマ旅行者より)


Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM