ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)

Palazzo Ducale di Martina Franca
輝くばかりに白いバロック様式のファサード。昼はもちろん夜のドゥカーレ宮殿も雰囲気◎です。写真はクリスマスに撮影したもの。ファサードに電飾が点され、宮殿前の大きな杉の木がツリーのように飾り付けられます

Palazzo Ducale di Martina Franca
1階(イタリアでは日本の1階にあたる階が0階なので、実際は日本の2階にあたります)にある、公爵の礼拝堂と各部屋へ通じる入口

Palazzo Ducale di Martina Franca
入ってすぐ右手にある“公爵の礼拝堂(Cappella dei Duchi)”。昔の貴族の館は内部に礼拝堂がある作りが多かったのです

Palazzo Ducale di Martina Franca
公開されている公爵の部屋の1つ“アルカディアの間(sala dell'Arcadia)”。壁と天井の全面に牧歌的な光景が描かれています。クラシックなシャンデリアも趣があります

Palazzo Ducale di Martina Franca
“アルカディアの間”入って右側の壁中央に描かれている人物がフランチェスコ3世公爵。各部屋のフレスコ画制作を命じた人物です

Palazzo Ducale di Martina Franca
宮殿内で様々な美術展も頻繁に開催されています。写真は2011年に開催された現代アートの芸術家、アルフレード・ピッリ氏の展覧会

Palazzo Ducale di Martina Franca
公爵の部屋部屋と廊下を経た反対側に位置する部屋には、洗濯板や糸紡ぎ機等、昔の生活道具を展示したコーナーがあります。こちらも入場無料です

Palazzo Ducale di Martina Franca
マルティーナ・フランカ郊外の森“ボスコ・デッレ・ピアネッレ(Bosco delle Pianelle)”の模型、生息している動植物や鉱物等の展示コーナーも、同じく公爵の部屋部屋と廊下を経た反対側に位置する部屋にあります。入場無料

Palazzo Ducale di Martina Franca
芸術イベント、中でも音楽イベントが盛んなマルティーナ・フランカ。“イトリア谷音楽祭”ではドゥカーレ宮殿中庭に舞台と観客席が設えられ、メイン会場となります

Palazzo Ducale di Martina Franca
“イトリア谷音楽祭”以外の時期にも、ジャンル問わず多くの音楽イベントが開催されているマルティーナ・フランカ。特に夏は毎夜のようにイベントが開催されるので、歴史的市街区を歩いているとどこからともなく音楽が聞こえてきますよ

元は公爵の館、現在は役場として使われているドゥカーレ宮殿

“白いバロックの町”という異名を持つマルティーナ・フランカで、サン・マルティーノ聖堂と並び、町を代表する美しいバロック様式の建物、ドゥカーレ宮殿。1668年、ペトラコーネ5世公爵の命により着工されました。
代々、公爵の館として使われた後、現在は役場となっています。また、幾つかの公爵の部屋や礼拝室は一般公開されている他、観光案内所、町の自然や歴史の紹介コーナーも内部にありますので、旅行者のかたにもぜひ訪れることをおすすめいたします!
音楽会、美術展も頻繁に開催されていますので、ご興味あるかたはご滞在中にぜひプログラムをチェックなさってみて下さい!

豪華絢爛 公爵の部屋“サーラ・ノービレ”

1階には“公爵の礼拝堂(Cappella dei Duchi)”と、公爵の部屋“サーラ・ノービレ(Sala Nobile)”があり、公爵の部屋は“アルカディアの間(sala dell'Arcadia)”、“伝説の間(sala del Mito)”、“聖書の間(sala della Bibbia)の3つが公開されています。
各部屋の豪華絢爛なフレスコ画は、フランチェスコ3世公爵の命を受け、1700年代後半に画家ドメニコ・カレッラと彼の息子たちが数年かけて描いたもの。プーリア出身のドメニコ・カレッラと彼の息子たちは、各部屋のテーマに合わせて、この地の自然、伝説、歴史を壁や天井に表現しました。

“サーラ・ノービレ”のテラス

“サーラ・ノービレ”の部屋からバルコニーに出ることも可能です。お天気のよい日はテラスへ出る窓が開けられていることが多いですが、開いていない場合は受け付けのかたにお申し出いただくと開けてくださいます。
歴史的市街区を眼下に眺められる他、郊外にトゥルッリが点在する様子や、隣町のロコロトンドを遠くに眺めることもできます。歴史的市街区内にはこのように開放されている高い建物はないので、貴重なビューポイントです。

今年で40回を迎える“イトリア谷音楽祭”

マルティーナ・フランカは芸術、中でも音楽活動が特に盛ん。特に夏に開催される“イトリア谷音楽祭(Festival della Valle d'Itria)”の時期は海外からの音楽家やオーケストラも招いて、毎夜オペラ、クラシック、ジャズなど様々なジャンルのコンサートが野外で繰り広げられます。
この時期のドゥカーレ宮殿は中庭に舞台と観客席が設えられ、オペラやクラシック演奏の会場の中心となります。音楽祭の中身はもちろん、ちょっとおしゃれして出かけて会場の雰囲気を楽しむのも、よい旅の思い出になるでしょう。

年々知名度も上がっているようで、ヨーロッパ他国から訪れる観客の姿も増えており、チケットも人気の演目は早々に売り切れとなります。ご興味あるかたはお早めにチェックなさることをおすすめいたします。

宮殿内では様々な美術展も開催されています

宮殿内では様々な美術展も頻繁に開催されており、特にハイシーズンの8月は必ずと言っていいほど、公爵の部屋“サーラ・ノービレ”にて美術展が開催されます。
近年は現代アート展が多く開催されており、入場無料ですので、ふらりと気軽に楽しむのもよいと思います。豪華絢爛な装飾が施された歴史ある部屋の数々に展示された現代アートは、やけにシュールに感じられます・・・

マルティーナ・フランカ在住:内山 奈美
ドゥカーレ宮殿の訪れる際は・・・

見学ゾーンは日本での2階に当たりますがイタリアでは“Primo Piano:1階”と呼びますのでお間違えのないようご注意下さい。2階といっても各階が非常に高いので階段で上るのはやや大変。(少々分かりにくい位置ですが)中庭に入って正面右手にエレベーターもありますのでご利用下さい。

マルティーナ・フランカ在住:内山 奈美スタッフスタッフ一覧を見る

alberobello taxi
南イタリアの「運転手付き専用車」を予約いたします

貸切チャーターの車で、バーリ、マテーラ、アルベロベッロなどを安全に効率よく移動できます。渡航前に予約して現地で安心・快適に旅しましょう。
駅からホテルへの送迎、日本人ガイドも同伴可能です。
> アルベロベッロ、バーリ周辺のタクシー&ハイヤー予約


施設名 ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)
住所 Piazza Roma 32, 74015 Martina Franca (TA), Italy
行き方 歴史的市街区の入口に当たるサント・ステーファノ門(Porta di Santo Stefano)脇
電話番号 +39 080.4836219
休館日  
開館時間 季節・曜日により多少異なるが概ね
9:30〜12:30、17:00〜19:00、がコアタイム
入館料 無料
地図
大きな地図で見る




Copyright© 2005-2017 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM