イタリアでATMを利用する

イタリアで両替

イタリアを旅行するにあたり一番心配なのがお金の管理。
銀行での換金、トラベラーズチェック換金などが手数料が安いですが、何分も待たされたり、銀行が対応していなかったりと不便なことが多いです。現在は日本の銀行が発行する海外利用可能のATMカード(別名、インターナショナル・カード/国際キャッシュカード/両替カードといいます)が便利です。日本の銀行の自分の口座から現地通貨での引き出し、残高照会が可能です。レートもよく、手数料を取らない銀行もあります。日本の銀行で簡単につくれるので、ぜひ旅の前に用意しましょう。

長期旅行や海外留学生にとっては特に銀行の国際キャッシュカードは便利です。クレジットカードのキャッシングもいいですが、その場で決済され、残高がインターネットで確認できるので安心して利用出来ます。(インターネット・ポイントなどで銀行残高を確認する場合はパスワードのハッキングに注意しましょう。)

海外で利用可能な銀行口座カードには、Cirrus(シーラス)、PLUS(プラス)のマークがあります。このマークのついたATM(イタリアではこの現金自動預け払い機のことをバンコマットBANCOMATという)で、24時間お金を引き落とせます。イタリアのバンコマットではCirrus、PLUS両方使えるのがほとんどです。どちらを選ぶか、あまり神経質になる必要はありません。(Cirrus、PLUSは銀行の提携先によって異なります)

イタリアは観光大国です。バンコマット(ATM)は100メートルおきに見つけられるほど頻繁に設置されています。このATMはイタリア人もお金の引き下ろしに利用するので小さな町でも必ずあります。また言語は、イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語から選択可能なので、利用の不安もあまりありません。

1度に引き出し可能な金額はATMによって異なります。確認している1回の引き落とし限度額は800ユーロです。もちろん複数回に分けて引き落としも可能です。


海外利用キャッシュカード比較


国際キャッシュカード(INTERNATIONAL CASH CARD)は、国際ATMネットワークでVISA International系が運営する「PLUS」あるいは、MasterCard International系が運営する「Cirrus」と提携した海外のATMやCDで現地通貨で預金が引き出せるキャッシュカードです。日本では「海外キャッシュサービス」と一般的に呼ばれています。

ここでは、各銀行の料金比較、手数料比較、最も安い料率のいいキャッシュカード検証をしてみます。
※手数料比較では1ユーロ=150円、1ドル=120円で計算してあります。

キャッシュカード名 提携先 発行手数料 為替レート
換算レート
引き出し
手数料
(1回)
引き出し限度額
(1日)
手数料比較
50ユーロ
(7,500円)
500ユーロ
(75,000円)
特徴、備考、説明
スルガ銀行デビットカード
スルガ銀行
VISAデビットカード
PLUS 無料 外貨額をVISAインターナショナルサービスアソシエーション(国際提携組織)の決済センターにおいて集中決済された時点での、国際提携組織の指定するレートに当社が海外取引に関わるコストとして1.63%を加えたレートで円貨に換算 210円   332.25円
1,432.5円
(最安値)
スルガ銀行のデビット決済システム
国内260万、世界に2400万加盟店以上あるVISAマークのお店でキャッシュレスショッピング。利用の際はカードを渡して伝票にサインをすればOKで、ATMでお金を引き出す必要がありません。しかも利用代金は預金口座からすぐに引き落としされるので、現金と同じ感覚で使えます。
ATMでの引き下ろしもできます。
8000円以上引き出す場合に最もお得(手数料が低い)です。
みずほインターナショナルカード
みずほインターナショナルキャッシュカード
(貯蓄預金型
ダブルストライプカード)
Cirrus 1,050円 引出外貨額にシーラス接続手数料1.0%を加え、マスターカードの所定レートで米ドルに換算し、[公示仲値+4円]で円換算

210円

残高照会
無料

50万円 537.5円
3,485円

世界40都市のJTBトラベルデスクがサポート。
みずほインターナショナルキャッシュカード
(専用普通預金型)
PLUS   引出外貨額×{VISA International所定のレート×103.1%}で円換算された金額       ※2006年11月10日をもって、新規発行の取り扱いが停止しました
三井住友国際カード
三井住友銀行
国際キャッシュカードサービス
PLUS 1,050円 VISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したレートで、円貨に換算いたします。

200円

残高照会
100円

20万円 425円
2,450円
海外でカードを紛失、盗難にあった場合や海外での利用に関する照会は、「JTBトラベルデスク東京」または最寄りの「JTBトラベルデスク」で可能。
JTBグローバルキャッシュ
JTBグローバルキャッシュ
Cirrus 1,050円 マスターカード・インタナショナル社の定めたレートによっていったん米ドル建てに変換し、同様に1ドル当り4円を加算

200円

残高照会
100円

50万円 450円
2,700円
事前に預入れた日本円を、渡航先の現地通貨で引き出しできる海外両替カード。
預入れ金額は1万円以上100万円まで。
カードが2枚発行。暗証番号の変更、残高照会、明細照会など、インターネットを利用してさまざまなことができます。5年間有効。
JTBトラベルデスクが対応。
新生銀行インターナショナルカード
新生銀行
インターナショナルキャッシュサービス
PLUS 無料 円換算レートはVISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したものです

無料

残高照会
無料

10万円
(2006年10月より)
300円
3,000円
日本の口座カードがそのまま海外で利用可能。特別な手続きは不要で月の手数料などもかかりません。また引き出し時の手数料も無料で、インターネットにて残高が確認出来ます。
また振込手数料が月5回まで無料なのでインターネット・ショッピング利用者にも人気です。
三菱UFJ銀行
インターナショナルカード
PLUS   ネットワーク運営会社が定めたレートに3%加算されたものが、ご利用時の円貨換算レート

200円

残高照会
無料

    ※新規受付終了(2006年9月30日)
シティバンクカード
シティバンク
バンキングカード
PLUS 無料 米ドル電信売レート(TTS)に3%を乗じたレート(TTS×1.03)

無料

残高照会
無料

50万円 225円
(最安値)
2,250円
シティバンクのカードは以前利用者が多かったですが、今は残高が少ないと毎月口座管理料(月2,100円)がとられるので注意が必要です。日頃シティバンクを利用している人は、そのカードがそのまま海外でも使えます。インターネットで口座管理が簡単にできます。

※VISAインターナショナルが定めたレート、マスターカードインターナショナルの所定レート、公示中値(TTS)などは、一日を通して適応される為替レートのことで、一般的に新聞やテレビで報道されるレートとほぼ同じと考えてよく、銀行間レートともほぼ一致します。

Cirrus
(シーラス)
シーラス MasterCard International系 世界110ヵ国以上約89万台(2004年12月現在)のCirrus(シーラス)マークの付いているATM
PLUS
(プラス)
プラス VISA International系 世界165ヵ国以上、約100万台のCD・ATMが利用できます。

海外キャッシュサービスの注意点


注意点
  • イタリアのバンコマット(ATM)ではセキュリティのため、3回続けて暗証番号を間違えるとカードが機械に飲み込まれ使えなくなります。
  • 暗証番号、引き出し金額を入力後に、銀行カードが出てきます。このときカードを直ぐにとらないとセキュリティーのためATMがカードを飲み込んでしまいます。注意しましょう。カード取得後、指定した金額の現金が出てきます。現金も素早く取りましょう。
  • イタリアでは最近頻繁にATMでの窃盗がおきています。
    手口は日増しに巧妙になってきていて、隠しカメラで暗証番号を録画し、あとでカードを摺るという手口も増えています。ATM利用の際は周囲に十分注意して、カードはしっかり保管しましょう。
  • ATMは壊れている場合や、窃盗目的の偽物の可能性もあります。安心のため前の利用者が無事引き出せたATMを利用するのが良いでしょう。
  • 人に話しかけられても無視しましょう。
  • 出来るだけ夜間の使用は避けましょう。
    営業時間中の銀行に併設されているCD・ATMのご利用をお勧めします。
  • ATMの操作が分からなくても、他人に暗証番号を教えてはいけません。
  • 操作の最終画面で「その他の取引を続けますか?(Do you wish to continue? やAnother transaction?など)」と表示された場合には、必ず「いいえ(No)」と押してからその場を離れるようにしてください。
  • 帰国したら暗証番号を変更しましょう。
    帰国後に身に覚えのない取引などに気づいた場合は、すみやかに問合せをしてください。

チャージバック(資金返還請求)

  • チャージバックとは、海外のCD・ATMをご利用された際に、現金を受け取っていないにもかかわらずご預金から引き落とされている場合に、外国の銀行に対して事態調査および返金の請求を行う手続です。
  • 海外ATM設置金融機関側での調査が必要であるため、回答を得るのに2ヵ月程度(資金返還時期も含む)かかります。
  • VISAインターナショナルが運営するネットワークの国際ルートの一部改定により、チャージバック受付期間が、従来の180日から120日に短縮されました。

海外ATMの引き出し手順

  1. カードを挿入
  2. 使用言語の選択
    ※現地言語と英語のどちらかを選びます(国によっては日本語対応のATM・CDもあります)。
  3. 4桁の暗証番号を入力
  4. お取引きの種類選択(現金お引出しを選びます)
  5. 口座の選択(普通預金を選びます)
  6. 希望の金額を入力
  7. お取引き継続の要・不要の選択
  8. カードの受け取り
  9. 現金・利用明細の受け取り

※JTBグローバルキャッシュのホームページで「海外ATMバーチャル体験」ができます。渡航前に一度練習してみるといいでしょう。(http://global-cash.jtb.co.jp/globalcash/atm/use/index.html

海外のATM・CDで使われる用語(英語)

操作時に使われる用語は機種により異なりますが、
よく使われる用語があり、覚えておくと便利です。

意味 用語(英語)
確認 ENTER、OK、YES
取消 CANCEL
訂正 CLEAR
暗証番号 PIN(Personal Identification Number)、ID CODE、SECRET CODE、PERSONAL NUMBER
取引 TRANSACTION
現金お引出し WITHDRAWAL、GET CASH
残高照会 BALANCE INQUIRY
普通預金 SAVING ACCOUNT
レシート RECEIPT
金額 AMOUNT


Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM