ノートの中心街・メイン通りを巡ってみよう!

Corso Vittorio Emanuele in NOTO
町のメインであるヴィットリオ・エマヌエーレ通り。

Via Corrado Nicolaci in NOTO
ニコラチ通り。バルコニーの下の彫刻に注目!つい上を見上げて歩いてしまいます。

Palazzo Nicolaci in NOTO
ニコラーチ館への入り口と中庭

ヴィットリオ・エマヌエーレ通り(Corso Vittorio Emanuele)

歩行者天国となっているノートの主要通り。町の東側に位置する、中心街の入り口となるレアーレ門(Porta Reale)から続くこの長い通りには、多くの重要建築物が並んでいます。逆に言えば、主な見所はこの通りの左右に面しているので迷うこともないでしょう。ユネスコ遺産に登録されてからは、観光地化も進み、このメイン通りにもかなり賑わいが出るようになりました。この通りを歩いていると、数々の壮大な建築物に圧倒され、別世界に迷い込んだような気分になります。
特に夜は、建物が綺麗にライトアップされて雰囲気があり、お勧めです。

コッラード・ニコラチ通り(Via Corrado Nicolaci)

有名な花祭りが行われるのがこの通り。この通りは、通りに面する建物のバルコニーの下にある人や動物型の細かな彫刻で有名です。確かに、ここを通る観光客達は皆上を見上げています。通りの名前は、18世紀のバロック建築であるニコラチ館から由来しています。元々地元の貴族であったニコラチ家の家が、現在は博物館として一般公開されています。

意外と険しい坂道となっているこの道は、ヴィットリオ・エマヌエーレ通りから始まり、カヴール通り(Via Cavour)に続きます。坂道を終えると、モンテ・ヴェルジネ教会(Chiesa di Monte Vergine)が構えています。

ニコラーチ館(Palazzo Nicolaci)

通りの名前の由来にもなった、元貴族ニコラーチ家の館です。現在は一般公開されており、18世紀の貴族の邸宅の一部、9つのサロンを鑑賞することが出来ます。天井の美しいフレスコ画や多くの装飾は一見の価値アリです。館の一部は、市民図書館となっています。

シチリア在住:小湊 照子
シチリア在住の筆者からアドバイス

この二つの主要通りには、ほとんどの重要建築物が集まっています。ただぶらぶらと散歩しているだけでも楽しいです。天気の良い日を選びましょう。
スタッフシチリア島プライベートツアー

シチリア・メッシーナ在住:小湊 照子スタッフスタッフ一覧を見る

名称 ニコラーチ館(Palazzo Nicolaci)
住所 Via Corrado Nicolaci, 96017 Noto SR, イタリア
開館時間 9時〜13時、16時〜20時
休館日 なし
入場料金 5ユーロ
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM