地下洞窟ツアー(Orvieto Underground)

Orvieto Underground中世に作られたオリーブオイルの搾油所。古代の洞窟を有効利用して、生活の糧となっています。

Orvieto Underground内部はとても広くて迷路状に入り組んでいます。まるでテーマパークのアトラクションのようですが、紀元前から中世に作られた、実際に利用されていた洞窟です。

Orvieto Undergroundエトルリア時代に掘られた井戸。120x80センチの形には秘密があります。井戸の側面には足をかけて降りる穴が並んでいます。

Orvieto Underground洞窟内部はたくさんの部屋に別れていて、複雑な通路や階段で結ばれています。図解もあって分かり易い。ワクワクと楽しいですよ。

Orvieto Undergroundこれがハト飼育部屋のコロンバイオ。清掃用の水槽があったり、ネズミ対策に壁の下部が漆喰で塗られていたりと、アイデアが満載です。

Orvieto Undergroundハトの部屋が奥へ奥へと続いています。日本のテレビ番組でクイズに取り上げられるほど不思議な世界です。

Orvieto Undergroundハトはここから飛び立ち、自ら食事を済ませて帰ってきます。とても効率的な飼育方法です。

オルヴィエートの地下洞窟を1時間で巡るツアー

オルヴィエートの地下に広がる古代洞窟。迷路のように入り組んだ洞窟内には、古代の古墳や、井戸、中世のオリーブ製造所、ハト飼育小屋など興味深い歴史がたっぷりです。
オルヴィエートで一番大きな見学可能な洞窟で、大聖堂前のインフォメーション・オフィスで予約します。ほぼ毎日、1日4回程度ツアーが開催されます。だいたい1回のツアーで20名前後が参加するようです。あいにくイタリア語と英語のみの案内ですが、言葉が少し分かる人は、楽しめること間違いないです。ツアー所用時間は約1時間です。

大聖堂前からツアースタートします

大聖堂前にあるオフィスでツアーを予約します。1名6ユーロです。その時に英語ツアーかイタリア語ツアーか選べます。ツアー開始時間に同オフィス前に集合すると、ガイドさんが引率してツアーがスタートです。洞窟は大聖堂の南側にある崖沿いに広がっています。内部は十分歩きやすいですが、階段も多いので歩きやすい靴で入る必要があるでしょう。

地下に広がる洞窟ストーリー

オルヴィエートの高い台地の内側には、編み目のような洞窟が入り組んでいることが分かっています。これらの洞窟の起源はエトルリア時代にさかのぼり、中世の頃にさらに大きく広がったと言われています。ただこの洞窟が発見されたのは、なんと1970年代後半のこと。わずか40年前です。大聖堂から数百メートルの断崖で地滑りがおこり、その時の崖の裂け目からこの巨大な洞窟が発見されました。

内部は驚きの連続です

紀元前の洞窟にはたくさんの驚きが隠されています。例えば洞窟はただ丸いだけでなく、天井が三角形にまるで内側から見た屋根のように掘られています。これは紀元前は地下洞窟が死者の住処(すみか)として考えられていたからだそうです。

また地下洞窟内にはいくつもの井戸がありますが、これはいずれも80x120センチの長方形だそうです。これは効率的に深く穴を掘り進める上で、人が入って作業できる最小サイズだとか。さらに井戸穴の内側には、足がかけられる段差も残っています。エトルリア人の高度な技術が伺えます。

中世の頃はこの巨大な空間にオリーブオイルの搾油所も作られました。地下に作られた理由は大きく2つあります。1つは土地問題。当時もすでに土地が不足していて、地下の広い空間を有効利用したのです。もう一つはオリーブの実は11月〜1月に収穫されますが、その時期にオリーブの実を搾ると寒さで粘度が高くなってしまい上手く濾過できません。そこで室温が18度前後に保たれている洞窟内に搾油所を建設したのです。

一番の見どころは「ハトの飼育部屋」です

日本のクイズ番組にも良く登場するのがこのハトの飼育部屋「コロンバイオ」です。伝書鳩からも分かる通り、ハトの帰巣本能は卓越しています。そこに目を付けた中世のオルヴィエート人は、この洞窟内にハト小屋を作りました。朝目を覚ましたハトたちは洞窟の開口部から外に飛び出し、自ら食事しに行きます。そして夜にはきちんと帰宅。崖の上にあるオルヴィエートでは鳩肉が貴重なタンパク源で、現在でも鳩肉が名物料理にもなっています。ハト小屋には水道管を配備して掃除しやすくしたり、ネズミが鳩の卵を盗まないように壁に漆喰を塗ったりと、現代でも通用するようなアイデアが満載、「へぇ〜」の連続がです。

オルヴィエートに来たら地下洞窟は必見です。
見どころたっぷりなオルヴィエート。治安の良い町は美味しい料理にもあふれています。ローマの喧噪を離れて、ぜひ美しいオルヴィエートに1泊して、エトルリアと中世の発見と感動を満喫して下さい。

【元オルヴィエート在住 堂 剛】スタッフプロフィールを見る

オルヴィエート担当 堂 剛
イタリア在住者からのアドバイス

英語とイタリア語のみの案内で解説が少々難解ですが、見る価値はあります。公式サイトには日本語の説明もあるので、しっかり予習していくと良いでしょう。オルヴィエートの台地に広がる迷路のような洞窟は本当に神秘的です。

余談ですが、オルヴィエート全土に広がる洞窟ですが、大聖堂の下だけは洞窟がないそうです。これは大聖堂建設時に巨大な教会の重さに耐えられないと、大聖堂広場の下の洞窟だけ埋め直したそうです。面白いですね。

元オルヴィエート在住・堂 剛スタッフプロフィールを見る

matera taxi
もう一つの地下洞窟ツアー

オルヴィエートには地下洞窟いくつかありますが、町のケーキ屋さんの地下にプライベートの地下洞窟が発掘されました。ケーキ屋の親父さんが偶然見つけて、数年かけて綺麗に掘り返したのだとか・・・。ガイド付きツアーでは、そのプライベートの地下洞窟にご案内可能です。チヴィタと一緒に貴重な体験を満喫してきて下さい。> オルヴィエート・チヴィタのガイド付きツアー


名称 オルヴィエート・アンダーグラウンド(Orvieto Underground)
住所 Piazza Duomo, 23 - 05018 Orvieto (TR) Italy
行き方 大聖堂前、観光インフォメーションの隣にオフィスがあります
電話番号 +39 0763/344891
開館時間
  • 3月1日〜1月31日
    毎日11:00、12:15、16:00、17:15に出発します
    (観光ピーク時には15分毎に出発)
  • 2月・・・上記同様の時間帯で土曜、日曜のみ開催
  • 12月25日休み
料金
  • 通常 6ユーロ
  • 団体割引(20名以上) 5ユーロ
  • 学生(ユーロ)、シニア割引 5ユーロ
サイト http://www.orvietounderground.it/
地図
大きな地図で見る



Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM