カッラレージ城(Castello di Carraresi)4stars

ラ・スペーコラ
カッラレージ城

パドヴァに現存する歴史的建造物のなかでも、大変に美しい景観を造り出しています。通称「スペーコラ」と呼ばれるカッラレージ城です。

パドヴァがヴェネツィア共和国の傘下(1405)になる以前、この地を治めていた領主エッツェリーノ3世・ダ・ロマーノの城として1242年に着工されました。現在も残る同建物の中心となる2本の高い塔はこの時代に築かれたものです。建物は、暴君として名を馳せていたこの君主の残忍さの象徴としても知られており、牢獄や拷問部屋などでは、敵人や犯罪人が苦しんだ歴史も持ちます。

その後、1374年、パドヴァを統治したカッラーラ家が、当時すでにあったこの建物を基にカステッロ(城)として築きあげました。現在のような美しい姿はこの時代に築城されたものです。
時は下り、1761年、将来の天文学者育成の場になるようにと、ここにパドヴァ大学の天文学部が設置されました。ヴェネツィア貴族の若者の育成に力を注いでいたヴェネツィア共和国の、多大な支援のもとにあるといわれています。その4年後には天文学者であり、気象学者・地理学者でもある、ジュセッペ・トアルドを教授として招きいれます。彼は、ヴィチェンツァの建築家ドメニコ・チェラートをはじめ、他優秀な建築家とともに、ここを天体観測のための場として10年の歳月をかけて整備しました。
この働きにより、当時、イタリア国内屈指の天文台となりました。 高く堅固な同建物は、南方に向かう子午線上の天体観測をするのに最適な場であったそうです。

内部は2つに分かれており、東側の高さ16mの塔には、子午線観測の部屋、高さ35mの窓つきの胸壁のもう一方の塔は、シンボルの部屋として、屈折望遠鏡他、多種の天体望遠鏡を使って、四方の天体が観測されていました。 当時の、最新の気象観測研究の場としての機能も果たしています。
これらの研究に使われた装置、道具類、資料等は、当時の研究過程を知るうえで、現在も残されている貴重なものでもあります。

チェントロの南西、パドヴァの街を囲む バッキリオーネ川の支流河川が二股にわかれ、城として防衛上有利な地点にたたずむスペーコラ周辺は、大変静かで緑も多い美しい場所のひとつです。

【パドヴァ在住 白浜 亜紀】スタッフプロフィールを見る

施設名 ラ・スペーコラ博物館(Museo La Specola)
住所 Vicolo dell'Osservatorio, 5、35122 Padova
開館時間 (4-10月 土・日曜)18.00 
(3-9月 土・日曜)16.00
(*)現地ガイドの案内による
電話番号 049.8293449
入館料 7ユーロ
サイト http://www.pd.astro.it/
地図



Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM