プラート・デッラ・バッレ(Prato della Valle)5つ星

プラート・デッラ・バッレ
町の中心街の南側、サンタ・ジュスティーナ聖堂がたつ楕円形の広場です。非常に美しく、パドヴァのシンボルとして知られています

大きな大きな楕円形をした広場です。プラート=芝生、ヴァッレ=平野(広場)という意味通り、芝生のある大きな広場で、18世紀に完成したもの。中心の島部分は、この広場の設計者であるヴェネツィアの建築家アンドレア・メンモにちなみ、メンミア島と呼ばれ、その昔はここで牛のメルカートが定期的に開かれていたとか。
この島部分は8,862㎡、広場自体は約20.000㎡とされ、ヨーロッパでも有数の大きさを誇る広場の1つとされており、周囲を囲む水路の内・外側に並ぶ78の彫像は、パドヴァにゆかりのある人物像で、同広場の美しさの象徴ともなっています。 1931年にはムッソリーニが、120,000人の支持者を集めここで演説をした歴史もあります。

“プラート・デッラ・ヴァッレ=芝生の広場"という名を持ちますが、完成当時は芝生はなかったとされています。
"Padova, città tre senza: del santo senza nome, del prato senza erba e del caffè senza porta/ パドヴァには3つの不足しているものがある:名のないサント(パドヴァの守護聖人、聖アントニオをさす)、芝生のないプラート、扉のないカフェ(カフェ・ペドロッキ)”
これは、町の3大シンボルを表す、パドヴァの人であれば誰もが親しみを持っているフレーズです。

毎週土曜日には、120軒の生活用品・雑貨、花などの露店がたつメルカートが、平日午前中は野菜・果物のメルカート、そして毎月第3日曜日には大規模なアンティーク市がたちます。

【パドヴァ在住 白浜 亜紀】スタッフプロフィールを見る

施設名 Mercatino dell'antiquariato(パドヴァの骨董市)
住所 Via Prato della Valle、35123 Padova
日程 毎月第三日曜日
備考 スタッフイタリア各地の骨董市・ノミの市・メルカートの一覧を見る
入館料 無料
地図


Copyright© 2005-2018 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM