コロッセオ (Colosseo)

ローマ・コロッセオ

3つ星
「コロッセオが滅びる時、ローマは滅び、その時世界も滅びる」といわれた、ローマの顔ともいえるコロッセオ円形闘技場。紀元後80年にヴァスパシアヌス帝の命により建築され、当時の収容人数は5万人と言われます。

映画「グラディエーター」をご覧になると分かる通り、古代ローマ時代に剣闘士の闘技場(猛獣を使われることも)で、残虐な戦いが見物されました。
今現在も猛獣の檻などが見て分かります。


パンテオン (Panntheon)

パンテオン

4つ星
ミケランジェロが「天使の設計」と称賛した万神殿で、最初のパンテオンは紀元前25年紀元前25年〜27年にかけてアグリッパが作らせたものです。その後火事で焼失し、現在のパンテオンは118年から128年にかけて、ローマ皇帝ハドリアヌスによって再建されました。

正面は古代ギリシャ建築の柱が並び、内部の丸天井には直径9メートルの天窓がぽっかりと空いているのが特徴的です。この穴の空いた天上は、建物内部の空気圧に守られ、雨が降っても雨水が中に降り込まないとされています。


サン・ピエトロ大聖堂 (Basilica di San Pietro)

サンピエトロ寺院

5つ星
ヴァチカン市国(Stato della Citta' del Vaticano)はローマ教皇の統治するローマ市内にある、存在する世界最小の主権国家。

1929年成立し、ヴァチカン宮殿、サン・ピエトロ大聖堂を含む0.44平方キロメートルの面積を持ち、1000人程度が暮らしています。

最近の出来事として、ローマ教皇が変わった事や「ダヴィンチ・コード」のベストセラーにより、観光客も増えており、入館の際の荷物チェックも厳しくなっています。

カトリック教会の総本山であるバチカン市国は国自体が文化遺産の宝庫でもあります。サン・ピエトロ大聖堂やシスティーナ礼拝堂など、ボッティチェリ、ベルニーニ、ミケランジェロといった美術史上の巨匠たちの作品で満ち溢れています。またバチカン美術館とバチカンの文書資料館には歴史上の貴重なコレクションが大量に納められています。ちなみにバチカン自体が1984年に世界遺産に登録されています。

イタリアのクチコミ情報 サンピエトロ寺院は貴重で重要な美術品の宝庫で、美術館をしのぐ芸術作品で埋め尽くされています。特にベルニーニの代表的作品が多いです。
また正面玄関を入ってすぐ右手にはミケランジェロの25歳の時の作品で、彼の最高傑作といわれる「ピエタ(悲哀)」があります。このつややかな大理石の彫刻には生涯唯一といわれる彼のサインが彫り込まれており、彼は若くして生涯の最高傑作を彫り上げたといわれています。
(2007年7月:ローマ在住者)

スペイン広場 (Piazza di Spagna)

Piazza di Spagna

4つ星半
世界で最も有名な広場とも言えるこの「スペイン広場」は、映画「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーン扮する王女がジェラートを食べたシーンでおなじみの場所。

広場中央にはピエトロ・ベルニーニ(ベルニーニの父)作の「小舟の噴水(Fontana della Barcaccia)」があり、その背後からはスペイン階段(正式名はトリニタ・デ・モンティ階段)が延びて丘の上のトリニタ・デ・モンティ教会まで続いています。

近年、観光客および地元の若者のマナーの悪さから、階段でビールやワインなどのアルコールを飲む事が禁止となりました。

このスペイン広場前からのびている「コンドッティ通り(Via Condotti)」は別名「ブランド通り」でグッチやプラダなどの有名ブランド店が軒を並べています。


トレヴィの泉 (Fontana di Trevi)

Fontana di Trevi

5つ星
絶えず観光客であふれていますが、一度は見てみたいのがこの「トレヴィの泉」です。肩越しにコインを投げると再びローマを訪れる事ができる、というエピソードが有名で、フェデリコ・フェリーニの名作映画「甘い生活(La Dolce Vita)」でアニタ・エクバーグがトレヴィの水で戯れるシーンも思い出されます。

法皇クレメンス12世主催の噴水コンクールに優勝したニコラ・サルヴィの設計で、彼の没後1762年に完成しました。背後のポーリ宮殿の壁と一体となったデザインでバロック建築の噴水です。




Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM