役立つ観光情報満載! アーモイタリア旅行ガイド

シエナのパリオ観戦日記

シエナのパリオ

7月2日、生まれて初めてシエナのパリオを見てきました。しかも国立資料館の招待状付きで広場の脇のパレス(Palazzo)のバルコニー(Balcone)から、のんびりと・・・と言いたいところですがバルコニーも日よけは付いているものの暑かったです。
とにかく初めてのパリオ観戦で好条件がそろい、感謝の限りなんですが、その感謝の気持ちをパリオ日記として皆さんにお伝いできればと思います。

まず、パリオはシエナ(Siena)で1147年から800年以上続いている伝統行事の『競馬レース&お祭り』です。しかし、普通のお祭りやレースを想像したら大間違い!パリオは毎年7月2日と8月16日の2回行われるのですが、シエナ人(senese セネーゼ)はこの日のために生きているといっても過言ではないほど熱狂的です。シエナではカルチョ(Calcio)より断然パリオ(Palio)なんです。

パリオは簡単に言うと『シエナの町の地区対抗競馬』で、出場するのは各地区から1騎手+馬1頭。シエナの旧市街は現在17の地区=コントラーダ(Contrada)に分かれていて、自分の生まれた場所が必然的にその応援チームとなる訳です。
コントラーダはそれぞれ動物などのシンボルを持っていて、カラー(色)も決まっています。レースではその色が騎手(fantino ファンティーノ)の衣装の色となり、地区出身者はパリオ時期に地元のカラフルなスカーフを身につけます。

出走枠は10しかなく毎回抽選で、7月2日の出走馬は5月の最終日曜日に、8月16日の出走馬は7月のパリオの次の日曜日に抽選で決まります。今回の7月の出走コントラーダは

  • Aquila(ワシ 金色+青と黒の線)
  • Civetta(フクロウ 赤+黒)
  • Leocorno(ユニコーン 白+オレンジ+青)
  • Tartuca(亀 黄色+トルコブルー)
  • Chiocciola(カタツムリ 黄色+赤)
  • Nicchio(貝 青+黄色と赤の線)
  • Lupa(狼 白+黒)
  • Onda(波 白+空色)
  • Torre(塔 深紅+白と青の線)
  • Bruco(いも虫 黄色+緑)

残りの7チームは必ず来年の7月には参加でき、残りの3チームを毎年抽選する訳です。7月と8月のパリオは完全に独立していて、年に2回出場できるコントラーダもいれば、1度も出場できないコントラーダも存在します。

ややこしいのはここから・・・
コントラーダにはネミーコ(nemico 敵)つまり仲の悪いコントラーダというのがいて、例えば、Tartuca(亀)とChiocciola(カタツムリ)、Lupa(狼)とIstrice(ヤマアラシ)はいずれもネミーコでいがみ合っており、Torre(塔)はOnda(波)とOca(アヒル)という2地区がネミーコです。
この『いがみ合い』『敵対心』というのは言葉以上に激しく、たとえばパリオ時期にネミーコのスカーフを巻いている人を見つけるとあからさまに凄まじい形相になり、きたないヤジの飛ばし合い、喧嘩にもなりそうな勢いなんです。

レース当日には全17のコントラーダが中世の衣装をまとってパレード(corteo)を行うのですが、中の悪い地区を通りかかると大声で相手チームをバカにした歌を大合唱します。
イタリア人に聞いたのは、ネミーコ同士の結婚はなかなか難しいのではとのことでした。
僕が今回応援するのは、招待してくれた友達の地区であるLeocorno(ユニコーン)。ここ数年で2,3回優勝しているまずまず強いコントラーダです。弱いというか運の悪いコントラーダというのも当然いて、Torre(塔)は既に40年以上優勝から遠ざかっていて(最後の優勝は1961年8月16日)、そういうコントラーダのことを『La Nonna(おばあちゃん)』と呼びます。

騎手は毎回その地区がお金を出して雇います。地元の人ということではありません。騎手にも当然上手い下手があって、10回以上も優勝しているベテラン騎手もいますが、このパリオはルールのない競馬レース、若い騎手も優勝することがしばしばあります。

ルールがないというのは、まず馬は鞍なしの裸馬でコントロールが非常に難しくて、レース中に落馬や転倒の事故が起こることもまれではありません。またレース前、敵のコントラーダによるジョッキーの買収、レース中のジョッキー同士による鞭の打ち合いや押し倒しなど、まさに何でもありです。
肝心の馬はレースの数日前に抽選で決まります。この馬の抽選で勝敗が決まるというほど重要な瞬間で、地元ではテレビで生中継をし、地元の人は一喜一憂する瞬間でもあります。とうぜん前評判のいい馬と悪い馬というのがあって、優勝できそうもない馬をつかんだコントラーダは運を天に任せるか、買収作戦に走ると言う訳です。

この買収行為は全く違法ではなく、そのため地元のシエナ人は『パリオは一番プリート(pulito 汚れのない)スポーツだ』と言います。確かに八百長は存在しないということです。
決定した馬は、その瞬間から変更されることは絶対になく、レース前に死んだとしても代走馬があてがわれるということはありません。

レースは夕方7時からカンポ広場(Piazza del Compo 世界一美しい広場と言われています)で行われ、この広場は通常石畳ですがパリオ時期になるとトゥーフォ(tufo)という凝灰岩の砂で敷き固められ、黄土色の美しいコースが出来上がります。

レース当日は昼1時から各出走馬の教会での祝福式(Benedizione)が行われます。当然教会はそのコントラーダにある教会。僕は幸運にも地元の人しか入れないという、ユニコーンの祝福式に参加することができました。
小さい教会の中は地元の人で超満員。入りきれない人は外から眺めるほどなので、ケータイ電話は電源を切り、写真はノーフラッシュが義務づけられます。数時間後に走る競走馬が超満員の教会に入ってくるのですから、興奮して暴れたら大惨事です。
優勝祈願の祝福を受けると馬は早々と外に出て、最後は地元の人達の『優勝して帰るぞ!!』の大合唱でした。

さてその後は全コントラーダが町中を中世の格好でパレードを行い増々パリオの興奮も高ぶります。夕方4時にはみなカンポ広場に集まりここでも3時間パレードが続きます。カンポ広場はこの時間になると超満員で入場が困難になってきます。
各コントラーダのパレードの中には旗手(bandieraio)が2人ずついて、見事に巨大な旗を操ります。この旗手の善し悪しは審査員がいて別に表彰されるようです。
またパレード最後には、今回出走するコントラーダの代表の旗手が一人ずつ一列になり、一斉に自分のコントラーダの旗を中に投げます。この旗を一番高く放れたコントラーダが優勝するといわれています。
(写真はパリオ=優勝旗。この優勝旗パリオの獲得を目指してみんな白熱する訳です。パレードのパリオに自分のコントラーダのスカーフを振ると幸運が舞い込むと昔から言われています)

そしていよいよ7時です。大きな空砲の音を合図に馬と旗手が現れました。ここで初めて出走順(コース順)が抽選で決められます。一般的に内側から2〜4番目が一番いいとされ、1番内側(今回はTorre=塔)は柵との狭間で多少窮屈です。スターターがコントラーダの名前を内側から順に呼び上げていき、その度にそのコントラーダの人々の歓声が沸き起こります。
10番目のコントラーダは他の9頭よりも5メートルくらい後ろからスタートとなります。当然一番不利なのですが、その10番目の馬(今回はAquila=ワシ)が走り始めるとスタートの『きっかけ』となり他の9頭も一斉にスタートするという訳です。

出走順が決まると、その瞬間から旗手同士での買収(お金での駆け引き)が始まります。当然その内容は聞こえませんが、旗手は馬にまたがったままぐるぐると小さく回り、他のコントラーダに寄り添ったり話しているのが見て取れます。出走順が悪かったり、馬が良くないコントラーダは当然優勝は難しいので、敵のコントラーダを邪魔するために買収を持ちかけるのです。
数分間の不穏な動きが終わると、いよいよスタートラインに着きます。インコースから順に並んでいくのですが、枠もない出走位置では馬も落ち着かなくかなり混乱します。この瞬間になると5万人の観衆はシーンと静まり返り、固唾をのんでいます。

前にいる9人の旗手は馬を操りながら首を後ろに回し、10番目の馬(Aquila=ワシ)のスタートの瞬間に全神経を集中しています。一方Aquila=ワシの旗手は敵(ネミーコ)のコントラーダ、もしくは買収され邪魔をする契約をした馬の体制が崩れる瞬間を待ち構えています。
レースはカンポ広場を3周(1周300メートル)するだけ、約1分の出来事です。それだけにスタートのタイミングが勝敗の全てを握っており、息をのむ瞬間でもあります。

Aquila=ワシの馬が駆け出したかと思った瞬間、前の9頭も一斉にスタート。最高速度まで達した馬たちは急カーブを猛スピードで駆け抜けます。1週目はスタートの素晴らしかったBruco(いも虫)が先頭、2番手は前評判のあまり高くなかったNicchio(貝)が猛スピードで追い上げています。
広場に2つあるカーブのうち最も危険とされる、サン・マルティーノのカーブでNicchio(貝)が外から追い抜こうとしています。しかしBruco(いも虫)の旗手は優勝経験も豊富な名騎手、肘で外に押しやるとNicchio(貝)の馬はそのまま転倒、Bruco(いも虫)が3週目を独走状態で走り抜き優勝しました。
ゴール前から興奮したBruco(いも虫)の地元の人達がすでにコース場へと溢れ出て、もう大混乱です。倒れたNicchioの騎手は重態のようでその後救急車で運ばれました。馬は無事でパリオの場合は騎手が落馬しても馬だけでもレースは続行されます。過去には落馬後に馬だけがトップでゴールして優勝したという劇的な結末も起こっているとのことです。

さて、興奮冷めやらぬBruco(いも虫)の早速手にしたパリオ(優勝旗)を手に触れようと群がっていて、負けた他のコントラーダの人々は足早にカンポ広場を後にします。
今晩は当然優勝したコントラーダ地区では盛大なお祭り&優勝祝賀会が行われ、夕食会は1ヶ月続くとのこと。優勝した人たちは毎晩のように歌を歌いながら町を堂々と練り歩くのです。伝統的になぜか『おしゃぶり』をみんな口にくわえるのだとか・・・(←意味不明)。町からは優勝コントラーダ以外の旗は下ろされ、負けた人々は次の8月16日に命を燃やすというわけです。(2005年7月 イタリア=シエナ)

オルヴィエート 堂 剛
興奮しました・・・シエナのパリオ

パリオはサッカーよりも白熱します。観戦できる幸運な人は事前にパリオの歴史や競技ルール、コントラーダ(チーム)などを勉強していくと、さらに数倍楽しめると思いますよ。

ローマ、フィレンツェからの日帰りツアー開催中!『オルヴィエート近郊ツアー

オルヴィエート在住・堂 剛スタッフスタッフ一覧を見る