Torino

トリノの町と歴史について(TORINO)

Torino
トリノのシンボル、ラ・モーレ・アントネッリアーナの塔。中には国立映画博物館があります。大人も子供も、映画を知らなくても楽しめる優秀な博物館。

Torino
トリノのポルティコ(アーケード街)。何本ものアーケードがカステッロ広場から伸びています。

Torino
トリノのシンボル、雄牛。こういう噴水が市内どこにでもあります。もちろん飲むことができます!

Torino
町の中心、サン・カルロ広場はいつも賑わっています。Porta Nuova駅からローマ通りをまっすぐ進むと広場に到着です。

Torino
ローマ通りのサン・カルロ広場を過ぎると、王宮とカステッロ広場に到着します。トリノ市内はあるいても観光できる大きさです。

Torino
エジプト博物館のツタンカーメン像(右)とアメン神(左)

イタリア4番目の都市・トリノ

トリノといえば、2006年に開催された冬季オリンピックを思い出される方も多いだろうし、ワインやトリュフなどの美食を思い浮かべる方、もしかしたら、キリスト教の聖遺物「トリノの聖骸布」をご存知の方もいるかもしれない。トリノはピエモンテ州の首都で、イタリアの北西部に位置する。イタリア国内では有数の工業地帯で、イタリア国内4番目に大きな人口を抱える大都市である(2010年調べ)。

トリノの歴史と背景

トリノという地名は、もとはケルト語のタウ(Tau)=山 から来ている。イタリア民族の支配下で「トリノ」と呼称が定着してからは、「トリノ」というイタリア語が「小さな雄牛」を連想させることから、街の紋章として雄牛が使われるようになった。
今でも至る所に雄牛のシンボルを見ることができる。

トリノ市内は道路が碁盤の目のように90度に交差する、至って分かりやすい街並をしている。これはローマ帝国時代の建築の名残で、帝国崩壊後の暗黒時代以降も、礎石が破壊されることなく生かされてきたものである。

政治力と財力を共に備えたフランス貴族サヴォイア家(伊Savoia, 仏Savoie,英Savoy)がトリノに初めて居城を構えたのは1280年。
1560年にサヴォイア家がトリノへ遷都したことで、トリノは歴史上最も長く栄える貴族家の支配する王国の首都となる。この豊かな実りをもたらす大地と、侵略・防衛上欠かせないポー川を備えた小都市は、フランスの影響を色濃く受けて行く。

その間、サヴォイア家の手によって多くの芸術、文化、建築技術がトリノに持ちこまれた。トリノの旧市街を走る、何本ものアーケードは、サヴォイア貴族が「雨に濡れずに街を歩きたい」として建設したもの。また、キリスト教の最後にして最大の謎を秘める「聖骸布」がトリノにもたらされたのも、この時代であった。

時代は下って1861年、当時のサヴォイア家当主ヴィットリオ・エマヌエレ2世 (Vittorio Emanuele II)は、イタリア統一を果たし、イタリア王国の君主となる。
そして初めて「統一イタリア」の首都となり、ナショナリズムの象徴と原点となったのが、トリノであった。

フィアットが拠点を置く一大産業都市

その後イタリア国の首都がローマへ移ってからは、トリノは産業都市へと姿を変え、世界でも有数の自動車工業地域となった。イタリア国産車の会社フィアット(FIAT)はトリノに本社を置いている。

トリノ人のイメージ

生粋のトリノ人は気位が高い、というイメージがあるようだ。しかし、現代のトリノの人口は、フィアット全盛期にイタリア各地から移民してきた人々が多数を占め、トリノ人はそれを許容して来た素地がある。ゆえに、みんな至って親切で、助け合い精神に溢れているのである!

トリノでは、有名人・著名人を見ても声をかけてはいけないという、暗黙の了解がある。これはサヴォイア貴族が市民に混じって町を気軽に歩いていた時代からの習慣の名残だという。
トリノの有名サッカーチーム、ユベントスに初めて入り、トリノに住んだ選手たちは、口を揃えてこう言うという。「トリノは誰にも邪魔されることなく、普通の生活が送れる夢のような町だ!」と。

トリノの見どころ、観光ポイント

トリノでピエモンテ州の美食を堪能する以外に、いくつかの外せない見所を。
これらは全て徒歩圏内にあるので、1日で回ることも可能です。

  • エジプト博物館(Museo Egizio)
    カイロに次ぐ世界2番目の古代エジプトの遺産を所蔵しています。トリノで一番人気の観光スポット。
  • 国立映画博物館(Museo Nazionale del Cinema)
    トリノのシンボル、ラ・モーレの塔と中にある、大人も子供も楽しめる映画博物館。エレベーターで塔を登れば、トリノの街が一望の元に見渡せます。
  • 王宮とマダーマ宮殿(Palazzo Reale, Palazzo Madama)
    トリノがサヴォイア王国/イタリアの首都だった時代の居城と王家の美術品。
  • ドゥオモと聖骸布博物館(Cattedrale di San Giovanni Battista)
    所蔵される現代キリスト教最大の謎、聖骸布。これは本物のキリスト像か、それとも・・・?詳しくは、聖骸布博物館で。

やや郊外に足を伸ばすと・・・

  • 自動車博物館(Museo dell'automobile)
    フィアットやフェラーリ、その他価値を計れないほどの貴重なクラシックカーをずらりと展示。車好きの男性には感涙もの!
  • ユヴェントス・サッカースタジアム(Stadio della Juventus)
    2011年夏、新スタジアム兼大型ショッピングモールが堂々完成。イタリア代表にも選抜された選手たちを間近で。
  • スペルガ大聖堂(Basilica di Superga)
    トリノを一望できる丘の上にあるバロック建築の美しい聖堂。電車で登るトリノの丘も美しい。一方、悲劇(航空機墜落)の歴史もある。
ミラノ観光ツアー
ミラノから車で行く、日帰りトリノのツアー

ミラノ市の公認ガイドBITTOさんが、車でトリノを案内してくれます。宿泊ホテルで待ち合わせ、トリノをエンジョイした後はトリノ名物「ビチェリン」も飲みますよ。
ツアーの詳細はこちらスタッフミラノ郊外の日帰りツアー


トリノ在住
イタリア在住者からのアドバイス

日本人が多く訪れるミラノから列車で2時間、ロンドンから直行便で2時間半。底抜けに明るいイタリアのイメージをちょっと変えてしまう、フランスのような落ち着きとエレガントさを持つ町、トリノ。

贅を凝らしたカフェでチョコをつまみながら午後のお茶をするもよし、はたまた、ポルティコ(アーケード)をそぞろ歩くもよし。歩道もイタリアの都市にしては歩きやすくできているので、女性はとっておきのヒール靴でも大丈夫。トリノは夜も比較的安全。だからぜひ、夜のトリノも楽しんで!(でも、どうぞ気は抜かないで・・・)

トリノ在住:Piccolaスタッフスタッフ一覧を見る




Copyright© 2005-2016 AmoItalia.com All Rights Reserved. アーモイタリア旅行ガイド
本サイト内の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失、不利益に対して当サイトは一切の責任を負いません。
プライバシーポリシー collaborated with BELGIAPPONE.COM